安月給でもポジティブに生きよう!
TOP
安月給って一体いくら?
残業なしで定時帰宅の毎日
安月給をやりくりする妻の努力
給料よりも大切なもの
安月給
安月給をやりくりする妻の努力

景気の良し悪しに関係なく、日本人の雇用環境や待遇は年々悪化の一途をたどっています。

非正規雇用が労働者の約半数を占めるようになり、
真面目に働いていても安月給に苦しむ人が増えています。

夫ばかりに仕事を任せていられないと、外へ出て働く女性もいますが、
事情があって働くことが難しいという専業主婦もいるでしょう。

稼げるお金に限りがあるという家庭は、
少ない収入の中で何とかやりくりするしかありません。

安月給でやりくりするには、弁当の購入を含めた外食全般を減らすのが一番です。

生活に余裕がない家庭は自炊がおろそかになりがちで、
コンビニ弁当を昼食にすることが多いですが、
高価で栄養バランスが悪い外食は、 お金と健康の両方に損害を与えます。

医療費は家庭の支出の中で大きな割合を占めています。

お金や手間を惜しんでバランスの悪い食事を摂っていると、
体調を崩しやすくなるので医療費が多くかかってしまいます。

栄養バランスの悪い食事を止めて健康に過ごすことができれば、
医療費がかからないので家計の節約につながります。

共働きで忙しい場合でも、妻は夫に弁当を持たせるようにしましょう。

長期的に見れば、食事や健康にある程度費用をかけた方が、お金の節約につながるからです。


Copyright ©2014 安月給でもポジティブに生きよう!-安月給って考え方次第ですよ!- Allright Reserved.